なぜFPに相談するの?

FPさんに相談すると何がいいの?
保険屋さんや不動産屋さんと何が違うの?

FPなら、保険やローンといった1つの方法ではなく、お客様の要望や状況にあったプランを提案できます。

例えば住宅購入を例にすると…

不動産会社でローンをいくら借りれるかを質問すると、年収を聞かれるのが一般的です。不動産会社は顧客にできるだけ多くの借り入れを促し、家を購入してもらおうとします。(商売なので仕方ない部分はありますが…)

しかし、現実的には同じ年収でも家族構成やライフスタイルも違いますよね。そのため、無理なく返済できる金額もご家庭によって様々です。FPは、借り入れできるお金の大きさを優先するのではなく、安心して返済できる金額がどれくらいなのかを一緒に考えます。

場合によってはこんなことも

大事にすること

最終的な目標はファイナンシャルプランナーに頼ることなく、お客様自身で将来的なお金の流れを検討できるようになることです。そのための第一歩を踏み出すお手伝いをさせてください。

独立系のファイナンシャルプランナーですので、商品を売って利益をもらうことはありません。家計の状況やご要望をヒアリングさせてもらい、お客様だけのプランをご提案します。

ご相談例1 ~ライフプラン検討~

ライフプラン検討では、まずヒアリングをさせていただきます。事前にヒアリングシートをお渡ししますので、内容を確認・作成していただけるとスムーズです。対面時には、会話しながらライフスタイルで優先したいことや今後のイベント予定など、ヒアリングシートでは書けなかった部分をお聞かせください。

ご希望される場合は、ヒアリング結果をもとにキャッシュフロー表(別途費用)を作成いたします。問題がある場合は解決策も検討しますので、別途アドバイスの時間を設けさせていただければと思います。

詳細な情報を伝えたくない場合は概算でも構いませんが、正確な分析が難しくなる点はご了承ください

STEP1
STEP2
STESP3

ご相談例2 ~資産運用の質問~

FPでも実際にはほとんど投資経験がない方もいらっしゃいます。そのような場合、長期・分散投資や、NISA・iDeCoといった一般的な説明や提案になることがほとんどです。

さらに具体的な質問がしたい場合などは個別にご相談ください。もちろん基本的なご質問でも構いません。私自身で国内株、米国株、投資信託、ETF、債券、FXなどの運用を行っていますので、投資家目線でお答えすることができます。

その場で回答できないような内容があれば、後日ご連絡するようにいたします。

資産運用

ご相談までの流れ

当事務所は「独立系FP」のため、相談を有料にさせていただいております。貴重なお金を出していただくのであれば、満足していただきたいが大前提です。

同じFPに相談しても、よかったと感じる人もいれば、ちょっと違う…と感じる人もいます。FPのレベルだけでなく、相性は重要なポイントになりますので、ご希望に応じて顔合わせの意味を兼ねての事前打ち合わせも可能です。

事前打ち合わせはもちろん無料ですので、なにか違うなと感じればこれで終了していただいても構いません。(原則として事前打ち合わせは具体的なお金のご相談ではなく、事前説明や不明点の解消を目的としています)

まずは下記からお問い合わせください。

方法

日本FP協会作成のお金に役立つ小冊子をプレゼント

ご相談いただいた方に日本FP協会が作成している小冊子をプレゼントいたします。今後の家計の見直しにご利用ください。(対面でご相談いただいた方とさせていただきます)